お三の宮日枝神社

おさんのみや ひえじんじゃ

横浜市南区山王町5-32
tel:045 - 261 - 6902
fax:045 - 261 - 6959
mail:info@osannomiya-hie.or.jp

例大祭

年間で最も大切な祭事であり、かつ盛大に執り行われる日枝神社の例祭のことです。
また、お三の宮秋祭りでも知られており、現在は九月中旬、敬老の日前の金土日に行われ、『神奈川の祭り五〇選』にも選ばれています。

横浜随一の大神輿による氏子内御巡行は毎年行われ、本祭り(奇数年毎)には大小40基にも及ぶ町内神輿連合渡御がイセザキ町などを練り歩き、市内屈指の規模を誇ります。
境内では神賑行事として、氏子有志による奉納演芸会や、児童園児による書画の作品展などが催され、縁日や献灯で賑わいます。

平成28年度 例大祭

例祭(式典)

9月16日(金) 午後5時より

御扉を開き、神饌(お供え物)を供し本庁幣を献じ、氏子町内・崇敬者をはじめ、国家 皇室の平安と弥栄を祈ります。

※写真はH25年度のものです

宮司以下祭員・献幣使(総勢約10名)の神職による奉仕で、厳粛に齋行されます。
神社責任役員・各町の祭礼委員・来賓・他多数が浴衣姿で参列し、大神さまを称えます。

神社大神輿御巡行

9月19日(日)

昭和九年に制作された社宝大神輿は『千貫みこし』とも呼ばれ、その大きさ、巧緻さ、荘重さ等、横浜随一の大神輿として有名です。
二輪の御所車に固定されており、昭和の中頃までは二頭の牛によって氏子町内を三日に亘り巡っていました。
現在では、専用の牽引車によって毎年、氏子内を丸一日かけて御巡行されています。

※写真はH25年度のものです

猿田彦神(道案内の神様)・神職・役員・祭礼委員・氏子青年会・神輿保存会などによ る奉仕です。

・午前8時30分過ぎ 発輿祭 午前9時00分 出御― 宮出し

神社~日枝町~吉野町~睦橋~千歳橋(10:00)~医大通商店街~横浜橋商店街(11:00) ~三吉橋~山田町(11:40) ~東橋~長者町1丁目~扇町2丁目~文化体育館前~石の広場(13:40) ~中郵便局~阪東橋(14:10)~大通り公園~弥生町1・2丁目(14:40) ~長者町5丁目~羽衣橋~吉田町名店街~福富町西通~末吉町(15:55) ~富士見川公園~若葉町~福富町東通~伊勢佐木町1丁目(17:15)

・午後5 時〜7 時 カトレヤプラザ前で着輿祭後、奉安

・午後7時 還御・発輿祭

伊勢佐木町商店街(イセザキモール) 〜 神社

・午後8時30分 還御・着輿祭― 宮入り

町内神輿連合渡御

今年度は斎行されません・・・奇数年ごとの開催

本祭りのみの開催で、ハマの名物と知れ渡っています。
県内屈指の規模で、大勢の神輿好きが訪れます。
以前は、宮出しから宮入まで、その後は宮入の渡御でありましたが、現在では、奇数年毎の本祭り時に、大小40基にも及ぶ町内神輿が、神社からイセザキモール、吉田町商店街ヘと宮出しの形で威勢よく練り歩きます。
最盛期には、大人・子供神輿・山車・お囃子車などあわせてその数は、120基にも及んだと云われ、その行列は先頭が到着した時には未だ最後尾が出発していなかったほどといわれています。

現在は、40基ほどの町内神輿が、神社〜お三の宮商店会〜伊勢佐木町商店街(イセザキモール)〜吉田町商店街へと賑やかなお囃子なども見られます)

神社出発予定時刻
・埋地地区   午前9:00頃
・宮本地区   午前9:00頃
・伊勢佐木地区 午前9:20頃
・寿東部地区  午前9:50頃
※神輿数・順番・時間などは8月下旬に決まる予定です

※写真はH23年度のものです

 

境内催し物ほか

17日(土)・18日(日)




※写真はH25年度のものです

・氏子有志うによる奉納演芸会
(踊り・カラオケ・お囃子など)午後7時〜
・和太鼓・お囃子の奉納あり(時間未定)
・児童園児による書画の作品展
・境内は色鮮やかな提灯と縁日で賑わいます
・神社大神輿(千貫みこし)は御巡行のない20日も神社裏手の神輿庫にてお参りすることができます

各町内の催し物

          

氏子内、彼方此方の町内では、神輿・山車などで賑わいます。

≪おさんの涙雨≫ と云われ、雨天日が多く、時間などは変更する場合があります。